飛行機物語 : 羽ばたき機からジェット旅客機まで

鈴木真二 著

1903年12月17日、キティホークの丘でライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した。わずか12秒間、飛行距離36メートルにすぎない。しかしそれは、空を飛ぶという夢が、19世紀のケイリー卿やリリエンタールを経てようやく現実のものとなった瞬間であった。人類はいかにして空に舞い上がることができたのか。羽ばたき機から初のジェット旅客機コメットまで、飛行機を創り上げた人と科学と技術のドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 揚力はなぜ発生するのか
  • 2 リリエンタールからライト兄弟へ
  • 3 エンジンはどのように開発されたか
  • 4 プロペラはなぜ推力を発生するのか
  • 5 翼理論が誕生するまで
  • 6 金属の機体が誕生するまで
  • 7 ジェット・エンジンが誕生するまで
  • 8 ジェット旅客機が開発されるまで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 飛行機物語 : 羽ばたき機からジェット旅客機まで
著作者等 鈴木 真二
書名ヨミ ヒコウキ モノガタリ : ハバタキキ カラ ジェット リョカクキ マデ
書名別名 Hikoki monogatari
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.4
ページ数 263p
大きさ 18cm
ISBN 4121016947
NCID BA61806598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20421485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想