想像力の飛翔

手塚リリ子, 手塚喬介 編

[目次]

  • 岩が消えた-G.チョーサー「郷士の話」について
  • 死の床に横たわりて-イギリス中世道徳劇と「往生術」
  • エリザベス女王誕生夜話-女性君主をめぐる大論争
  • 男性の文学伝統と女性個人の才能-メアリ・ロウスの恋愛詩
  • マーガレット王妃のエネルギー-ヘンリー六世の平和論を擁護する
  • 『タイタス・アンドロニカス』のローマ
  • 十四歳の恋と言葉-ジュリエットの場合
  • シェイクスピアのヴェニス-その人と都市国家
  • 賢い道化と憂鬱な旅人-『お気に召すまま』について
  • ガートルードの近親相姦的な再婚〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 想像力の飛翔
著作者等 手塚 リリ子
手塚 喬介
書名ヨミ ソウゾウリョク ノ ヒショウ : エイゴケン ノ ブンガク ブンカ ゲンゴ
書名別名 英語圏の文学・文化・言語
出版元 北星堂書店
刊行年月 2003.3
ページ数 552p
大きさ 22cm
ISBN 459001145X
NCID BA61798795
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20531500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
<ねずみとり>の詩学 佐久間康夫
M.アトウッド『青ひげの卵』 鷲見八重子
「家庭の天使」としての母からの解放 佐竹由帆
『エミリー・ディキンソンの十二の詩による歌曲』 竹内智子
『オセロー』における「もう一つの世界」の模索と崩壊 喜多野裕子
『タイタス・アンドロニカス』のローマ 杉野早苗月
『フィーリクス・ホルト』における聴覚の役割 手塚 リリ子
『ライオンと魔女』と神々の共演 成瀬俊一
『ヴィレット』の語り 金子弥生
『幕間』におけるヴァージニア・ウルフの歴史観 市村麗
『眺めのいい部屋』とヴァジニティ 淺井やよい
まなざしの向こう側 丹羽敦子
イェイツに見るケルト的精神世界と能 九頭見一士
エリザベス女王誕生夜話 石井美樹子
ガートルードの近親相姦的な再婚 伊藤千草
シェイクスピアのヴェニス 横山多津枝
シャロン・クリーチの作品における死と笑い 白井澄子
シャーロット・ブロンテの『教授』にみられる齟齬 田中淑子
シングの『ウィックロー、西ケリー、コネマラにて』 佐藤紀子
ジョージ・エリオットと「とばりの彼方」『フロス河の水車場』 横山孝一
ブレイクの格言的表現と浮遊するテクスト 新見肇子
ベケットと俳句 堀真理子
ベドラムのトム 麻生英子
マーガレット王妃のエネルギー 松下秀峰
ワーズワスの自然の知覚における二重性 岩崎豊太郎
二つのノルマン征服物語 本間裕子
十四歳の恋と言葉 頼母木孝子
女たちのファミリー・ロマンス 柏木恵子
岩が消えた 宮島澄子
帰国生教育に関する一考察 奥平文子
性愛のヘキサゴン、『切られた首』論 山本長一
死の床に横たわりて 和治元義博
無鉄砲な旅人 手塚裕子
物語が伝説となる場所 舟橋美香
生から死へ 石橋和代
男性の文学伝統と女性個人の才能 青山誠子
絵画・空間・相互理解 松村聡子
美に憑かれた男たちの憂鬱 鈴木ふさ子
美少年愛の理想 浦部尚志
自画像か他画像か 西本あづさ
覗き見るもうひとつの現実 内田均
賢い道化と憂鬱な旅人 手塚 喬介
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想