日本の通商政策とWTO

岩田一政 編

サービス貿易自由化、ダンピング防止措置から自由貿易協定のインパクトまで、WTO(世界貿易機関)が直面している問題を解明し、改革のアプローチを提示する意欲的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の通商戦略とコミュニケーション・パワー
  • 第1章 WTOの再構築-サービス貿易自由化と日本の通商戦略
  • 第2章 ダンピング防止措置と競争法
  • 第3章 サービス自由化と国際的政策規律-会計サービスの場合
  • 第4章 WTOと国内規制改革
  • 第5章 WTO紛争解決手続の性質とその課題
  • 第6章 対日直接投資の実態-『事業所・企業統計調査』個票データに基づく実証分析
  • 第7章 WTOとアジアにおける自由貿易地域の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の通商政策とWTO
著作者等 伊藤 恵子
岩田 一政
書名ヨミ ニホン ノ ツウショウ セイサク ト WTO
書名別名 Nihon no tsusho seisaku to WTO
シリーズ名 シリーズ・現代経済研究 21
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2003.4
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 4532132525
NCID BA61793113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20396978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想