アメリカの国家犯罪全書

ウィリアム・ブルム 著 ; 益岡賢 訳

本書は、アメリカ政府・米軍・CIAが世界の隅々で行なっている、テロ支援、拷問や洗脳、暗殺、盗聴、選挙操作、麻薬製造、毒ガス・生物兵器使用、虐殺…等など、イラク・北朝鮮どころではない「国家犯罪」のすべてをまとめた衝撃の一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アメリカとテロリストとの愛憎関係(テロリストたちがアメリカをいじめる理由
  • アメリカから世界へのプレゼント-アフガンのテロリスト養成所の卒業生たち
  • 暗殺 ほか)
  • 第2部 米国による大量破壊兵器の使用(爆撃-無差別破壊
  • 劣化ウラン兵器
  • クラスター爆弾 ほか)
  • 第3部 「ならず者国家アメリカ」vs世界(米国による介入の歴史-一九四五年〜現在
  • 選挙操作
  • 「米国民主主義基金」(NED)-CIAの下請けNGO ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの国家犯罪全書
著作者等 Blum, William
益岡 賢
ブルム ウィリアム
書名ヨミ アメリカ ノ コッカ ハンザイ ゼンショ
書名別名 Rogue state
出版元 作品社
刊行年月 2003.4
ページ数 417p
大きさ 19cm
ISBN 4878935456
NCID BA61792482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20390438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想