脳を活性化する性ホルモン : 記憶・学習と性ホルモンの意外な関係

鬼頭昭三 著

記憶力を高め、脳を修復し、体を若返らせる性ホルモンの作用をきちんと理解すれば、老人性痴呆、骨粗しょう症、更年期障害も予防できる。いつまでも元気な脳と体を維持するために、いま話題のホルモン補充療法を賢く使って20代からはじまる老化に対処。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女性ホルモンを知る
  • 第2章 女性ホルモンの働き
  • 第3章 エストロゲンの作用
  • 第4章 女性ホルモンと脳
  • 第5章 エストロゲンの神経保護作用
  • 第6章 エストロゲンと神経精神疾患
  • 第7章 ホルモン補充療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳を活性化する性ホルモン : 記憶・学習と性ホルモンの意外な関係
著作者等 鬼頭 昭三
書名ヨミ ノウ オ カッセイカスル セイ ホルモン : キオク ガクシュウ ト セイ ホルモン ノ イガイナ カンケイ
書名別名 No o kasseikasuru sei horumon
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2003.4
ページ数 180p
大きさ 18cm
ISBN 406257408X
NCID BA61788033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20403876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想