ジェンダーで学ぶ教育

天野正子, 木村涼子 編

女なら、あたりまえ。男だから、当然。そんな「常識」にクサビを打ち込めば、何が見かてくるだろう。ライフコースに沿って、ジェンダーの視点から教育を問い直す、新たなテクストの誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • この本の扉に-ジェンダーがひらく教育の地平
  • いろいろな性差、これらはすべて生まれつき?-ジェンダー概念の意義
  • 「女」になる、「男」になる-ジェンダーの発達心理学
  • 女性キャラはなぜ一人?-アニメやマンガにおけるジェンダー
  • テレビゲームは男の子の世界?-電子メディアの文化とジェンダー
  • 男の子はいつも優先されている?-学校の「かくれたカリキュラム」
  • 家庭科は誰が学ぶもの?-<ジェンダー再生産の象徴>を超えて
  • 男女いっしょの体育は無理?-スポーツ・身体とジェンダー
  • 男の子は暴力的なのか?-暴力を肯定する生と性を超えて
  • 女の子が群れるということ-少女たちの社会化〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェンダーで学ぶ教育
著作者等 中村 正
中澤 智惠
伊藤 裕子
古久保 さくら
堀内 かおる
多賀 太
天野 正子
尾嶋 史章
木村 涼子
沢山 美果子
熊安 貴美江
笹原 恵
諸橋 泰樹
上田 智子
書名ヨミ ジェンダー デ マナブ キョウイク
出版元 世界思想社
刊行年月 2003.4
ページ数 295p
大きさ 19cm
ISBN 4790709922
NCID BA61772485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20400041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「ジェンダー・フリー」をいかに学ぶか? : 相互行為としての授業 上田智子
「女」になる、「男」になる : ジェンダーの発達心理学 伊藤 裕子
「生と老い」の自画像 : 性差別のパラドックスを超えて 天野 正子
いろいろな性差、これらはすべて生まれつき? : ジェンダー概念の意義 木村 涼子
この本の扉に : ジェンダーがひらく教育の地平 天野 正子
テレビゲームは男の子の世界? : 電子メディアの文化とジェンダー 諸橋 泰樹
大人の「男」と「女」は変わらない? : 成人期のジェンダー意識の変容 多賀 太
女の子が群れるということ : 少女たちの社会化 古久保 さくら
女性は自然に母親になる? : 母性愛の神話と「母親業」 沢山 美果子
女性キャラはなぜ一人? : アニメやマンガにおけるジェンダー 木村 涼子
学校から職場へ : ジェンダーと労働市場 尾嶋 史章
家庭科は誰が学ぶもの? : 「ジェンダー再生産の象徴」を超えて 堀内 かおる
性について学ぶ : 性的自己決定力を育む性教育 中澤智恵
男の子はいつも優先されている? : 学校の「かくれたカリキュラム」 笹原 恵
男の子は暴力的なのか? : 暴力を肯定する生と性を超えて 中村 正
男女いっしょの体育は無理? : スポーツ・身体とジェンダー 熊安 貴美江
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想