リストラとワークシェアリング

熊沢誠 著

高まる失業率、熾烈な人べらしリストラ、職場ではサービス残業と長時間労働、そして低賃金のパートタイマー。こうした企業社会の現実を綿密に分析し、打開策としてのワークシェアリングを、"一律型"と"個人選択型"モデルを設定して論じる。日本での厳しい条件を考慮に入れながら、実現の必要と可能性について真摯に検討、提言していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 労働の暗い状況のなかから(労働をめぐる四つの現実
  • ワークシェアリングのかたち)
  • 2章 失業とリストラの今日(失業という現実
  • 人べらしリストラの多様性
  • 「希望退職」の虚実)
  • 3章 雇用機会をわけあう思想と営み(欧米におけるワークシェア
  • 日本のワークシェア
  • ワークシェアは日本の職場ではなぜむつかしいのか)
  • 4章 フルタイムの短縮、連帯のワークシェア(働きすぎという現実
  • "一律型"ワークシェアの方途
  • 労働市場の新しいかたち)
  • 5章 パートタイムの均等待遇、選択のワークシェア("個人選択型"ワークシェアのニーズ
  • 現代日本のパートタイマー
  • パートタイマーの処遇改善
  • むすびにかえて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リストラとワークシェアリング
著作者等 熊沢 誠
書名ヨミ リストラ ト ワークシェアリング
書名別名 Risutora to wakushearingu
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.4
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4004308348
NCID BA61757878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20409633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想