新聞は生き残れるか

中馬清福 著

いま、新聞は深刻な危機を迎えている。若者には背を向けられ、読者の不信・批判は高まり、インターネット時代への対応策もつかみえていない。困難の底流に何があり、活路はどこにあるのか。朝日新聞での長い記者活動・経営経験をふまえ、人びとの生活や価値観・メディア観の変化を見すえつつ、広く期待され信頼される新聞への道を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 浮き沈みの末に-新聞の昨日(新聞の黄金期と高度成長
  • 新聞の曲がり角と保守回帰
  • 新聞離れと若者の生活
  • 政治面主導型の弊害)
  • 第2章 変化にたじろぐ-新聞のいま(「人権」の反乱
  • 「表現の自由」絶対論の後退
  • 「平等」幻想の崩壊
  • 「権力」観の変貌
  • 様変わりする記者意識
  • 新聞倫理綱領の制定とその後)
  • 第3章 生き抜くために-新聞の明日(二一世紀前半の日本と新聞
  • ネット時代に及び腰の新聞
  • ネット報道の強さと弱さ
  • 問われる新聞の「常識」
  • 明日の新聞)
  • 補章 二一世紀の「戦争」と新聞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新聞は生き残れるか
著作者等 中馬 清福
書名ヨミ シンブン ワ イキノコレルカ
書名別名 Shinbun wa ikinokoreruka
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.4
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 400430833X
NCID BA61753221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20409634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想