グローバリゼーションのなかの文化人類学案内

中島成久 編著

本書は、グローバリゼーションというキーワード以外に、ジェンダー、身体と自己、世界システムというキーワードを中心に四部構成になっている。本書の元になったのは、法政大学通信教育課程文化人類学の教科書として編纂された『文化人類学』(2002年刊)である。今回、その改訂版として必要な部分を書き足し、全体を三分の二に圧縮した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文化の理論(人間と文化
  • 異文化への視線 ほか)
  • 第2部 家族、ジェンダー、地域社会(家族とジェンダー
  • 政治とリーダーシップ ほか)
  • 第3部 身体、自己、世界観(世界宗教と民俗社会
  • コスモロジーと儀礼 ほか)
  • 第4部 グローバリゼーションの中の国家、開発、民族(世界システムと地域、民族の形成
  • 国家とエスニシティ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーションのなかの文化人類学案内
著作者等 中島 成久
書名ヨミ グローバリゼーション ノ ナカ ノ ブンカ ジンルイガク アンナイ
出版元 明石書店
刊行年月 2003.3
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4750317071
NCID BA61749654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20406169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想