異文化理解の視座 : 世界からみた日本、日本からみた世界

小島孝之, 小松親次郎 編

本書は、東京大学と財団法人日本国際教育協会(AIEJ)との共催により、平成一三年(二〇〇一)一一月一六・一七両日にわたって、東京国際交流館国際会議場において開催された、国際シンポジウム「東西交流と日本」(Images and Reality:Japan,the World,East‐West Exchange)における講演と発表、および討論を基に構成したものであり、同シンポジウムの報告書としてまとめられたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 異文化理解の視座(世界のなかの日本文化
  • 東の技芸、西の技芸-印刷文化史の視線)
  • 2 相互認識の歴史的展開(東アジア諸国と日本の相互認識-一五・一六世紀の絵地図を中心に
  • 松下見林の元禄型国際史学
  • ドイツの労働者がみた明治末期の日本 ほか)
  • 3 日本文学の国際発信(日本古典文学の"開かれた構造"
  • 世界文学としての源氏物語-翻訳と現代語訳の相関
  • 日本文学とフランス語の出会い ほか)
  • 補論1 国際化のなかの日本文学研究-体験的な活動による国際交流
  • 補論2 異文化交流の文学史へ-海外資料調査と国際会議

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化理解の視座 : 世界からみた日本、日本からみた世界
著作者等 Amitrano, Giorgio
Chavanes, Edwige de
Esenbel, Selçuk
Keene, Donald
Kristeva, Tzvetana
Mathias, Regine
Pulvers, Roger
Toby, Ronald P
中地 義和
二宮 正之
伊井 春樹
姜 昌一
孫 歌
安藤 宏
小峯 和明
小島 孝之
小松 親次郎
村井 章介
柴田 元幸
樺山 紘一
權 寧珉
河添 房江
王 暁秋
高山 博
書名ヨミ イブンカ リカイ ノ シザ : セカイ カラ ミタ ニホン ニホン カラ ミタ セカイ
書名別名 Ibunka rikai no shiza
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2003.4
ページ数 352p
大きさ 22cm
ISBN 4130010360
NCID BA6174871X
BA61907540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20433806
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「相互認識」の立て方、語り方について 孫 歌
「私小説」とは何か 安藤 宏
トルコ人の目からみた近代日本 セルチュク・エセンベル
ドイツの労働者がみた明治末期の日本 レギーネ・マティアス
フランスにおける日本現代文学 : 芥川龍之介からイヴ・シモンまで エドヴィージュ・フジモト・ドゥ・シャヴァンヌ
世界のなかの日本文化 ドナルド・キーン
世界文学としての源氏物語 : 翻訳と現代語訳の相関 河添 房江
他国の文学を読む理由 柴田 元幸
共通の感受性を求めて : イタリアにおける日本文学 ジョルジョ・アミトラーノ
叙事様式と植民地主義言説 : 韓国の新小説に登場する日本 権寧珉
国際化のなかの日本文学研究 : 体験的な活動による国際交流 伊井 春樹
宮沢賢治は日本人に生まれて損をしたのか ロジャー・パルバース
日本古典文学の「開かれた構造」 ツベタナ・クリステワ
日本文学とフランス語の出会い 二宮 正之
東の技芸、西の技芸 : 印刷文化史の視線 樺山 紘一
東アジア諸国と日本の相互認識 : 一五・一六世紀の絵地図を中心に 村井 章介
松下見林の元禄型国際史学 ロナルド・トビ
歴史学と異文化認識 高山 博
異化の祝祭 中地 義和
異文化交流の文学史へ : 海外資料調査と国際会議 小峯 和明
近代における日韓間の相互認識 : 一進会と黒龍会の大アジア主義を中心に 姜 昌一
近代中国人の日本観の変遷 王 暁秋
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想