大隈重信と政党政治 : 複数政党制の起源明治十四年-大正三年

五百旗頭薫 著

[目次]

  • 第1章 国会開設前の政党(立憲改進党の結党
  • 松方デフレ下の財政政策
  • 国会開設前夜の政局)
  • 第2章 初期議会期の政党(民党の形成
  • 銀本位制下の財政政策
  • 対外硬への転換)
  • 第3章 日清戦争後の政党(進歩党の結成
  • 金本位制下の金融政策
  • 民党の凋落と野党の再生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大隈重信と政党政治 : 複数政党制の起源明治十四年-大正三年
著作者等 五百旗頭 薫
書名ヨミ オオクマ シゲノブ ト セイトウ セイジ : フクスウ セイトウセイ ノ キゲン メイジ ジュウヨネン - タイショウ サンネン
書名別名 Ookuma shigenobu to seito seiji
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2003.3
ページ数 319, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4130362151
NCID BA61743760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20396982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想