システムとメディアの社会学

松本和良, 江川直子, 大黒正伸 編

本書の目的は、社会システムとその相互交換過程から導かれるメディアの特徴や問題点を明らかにしようとしたところにある。その特徴は、第一にパーソンズの一般化されたシンボリック・メディア論をさまざまな角度から考察した点、第二にパーソンズ以降の理論社会学者たちのシステムとメディアをめぐる諸問題を論究している点にある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 行為システムとシンボリック・メディア
  • 第2章 パーソンズ理論における貨幣と言語-シンボリック・メディア理論の再検討
  • 第3章 ルーマンのメディア論
  • 第4章 象徴権力論-ブルデューとフーコーの権力論の比較
  • 第5章 ハーバーマスにおける生活世界と言語
  • 第6章 シンボリック・メディア理論とWell‐Being(善き生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 システムとメディアの社会学
著作者等 大黒 正伸
松本 和良
武田 朋久
江川 直子
清水 強志
小林 孝雄
書名ヨミ システム ト メディア ノ シャカイガク
書名別名 Shisutemu to media no shakaigaku
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2003.3
ページ数 184, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4769909837
NCID BA61742189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20402594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想