身体から発達を問う : 衣食住のなかのからだとこころ

根ケ山光一, 川野健治 編著

身体=こころと環境をつなぐインターフェイス。リアルな「生」の場に発達を読み解く人間科学の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 衣食住における身体と発達(覆う・隠す-裸はなぜ恥ずかしいのか
  • 食べる・排泄する
  • まちに住まう
  • 物を与える・奪う-物と身体を媒介する相互交渉と意識の貸与 ほか)
  • 第2部 かかわり合いの中の身体と発達(身体を作る・見せる
  • 触れる・離れる
  • 匂う
  • 介護する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体から発達を問う : 衣食住のなかのからだとこころ
著作者等 川野 健治
根ケ山 光一
根ヶ山 光一
書名ヨミ カラダ カラ ハッタツ オ トウ : イショクジュウ ノ ナカ ノ カラダ ト ココロ
出版元 新曜社
刊行年月 2003.3
ページ数 225, 21p
大きさ 19cm
ISBN 478850846X
NCID BA61738851
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20392303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想