次の時代のための吉本隆明の読み方

村瀬学 著 ; 佐藤幹夫 聞き手

思想の継承はどのようにして可能なのか?-クサすための批評や教祖のご託宣を拝聴する類いの態度からは決して生まれない。新しい事実がつぎつぎに発見されていく時代のなかで、古くならない「思想」などあり得ないが、吉本隆明が不死鳥のように読まれていくのは、「見るものの位置」によって「対象」がまったく違って見えるからだ。「座標」と「地図」というキーワードで読み解き、思想がもつ党派性や権力性を排し、多面体としての吉本隆明の核に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「座標」という発想のゆくえ(「マチウ書試論」のモチーフと発想
  • 『言語にとって美とはなにか』のモチーフ
  • 『心的現象論序説』について
  • 「身体・生命・エロス」と神戸事件
  • 「おくれ」の問題について ほか)
  • 第2部 「地図」を求めて(地図がわかるとはどういうことか
  • 『共同幻想論』と『古事記』
  • 「転向論」から『共同幻想論』へ
  • 『ハイ・イメージ論』と世界視線
  • 「支え手」としての共同体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 次の時代のための吉本隆明の読み方
著作者等 佐藤 幹夫
村瀬 学
書名ヨミ ツギ ノ ジダイ ノ タメノ ヨシモト タカアキ ノ ヨミカタ
出版元 洋泉社
刊行年月 2003.4
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4896917170
NCID BA61723854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20393945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想