遣唐使の見た中国

古瀬奈津子 著

遙か長安の都へ向う遣唐使には、先進文化の導入と外交関係を維持する使命があった。雨乞い儀礼を見聞し朝賀の儀式に参列するなど、彼らにとって儀礼・儀式とは何だったのか。知られざる唐の社会と文化を描く日中外交史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遣唐使の新しい視点-プロローグ
  • 日本出発(遣唐使の任命と準備
  • 難波津出発)
  • 揚州にて(中国到着と揚州城
  • 中国の国忌行香と日本の国忌 ほか)
  • 都長安にて(長安と大明宮
  • 皇帝との対面 ほか)
  • 日本の儀式と唐の影響(日本の儀式と吉備真備
  • 遣唐使と唐の儀礼 ほか)
  • 遣唐使のもたらしたもの-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遣唐使の見た中国
著作者等 古瀬 奈津子
書名ヨミ ケントウシ ノ ミタ チュウゴク
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 154
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.5
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 4642055541
NCID BA6171619X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20399050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想