琉球と中国 : 忘れられた冊封使

原田禹雄 著

琉球国とは何であったか、冊封使とは何か。琉球王国は明・清との朝貢関係のなかで独自の社会を築くが、その歴史は日本の歴史に消し去られた。冊封使関係の厖大な史料から中国と琉球の礼に貫かれた関係と歴史を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 忘れられた冊封使-プロローグ
  • 天使になった人々(明朝の招諭
  • 第一尚氏王統
  • 第二尚氏王統始まる ほか)
  • 冊封琉球使録(明代使録
  • 清代使録)
  • 琉球往還(開洋まで
  • 福建開洋
  • 冊封諸礼 ほか)
  • 琉球王国から沖縄県へ-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 琉球と中国 : 忘れられた冊封使
著作者等 原田 禹雄
書名ヨミ リュウキュウ ト チュウゴク : ワスレラレタ サクホウシ
書名別名 Ryukyu to chugoku
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 153
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.5
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 4642055533
NCID BA61715878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20399010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想