医学概論

日野原重明 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 医学の発達のすがた-医学史 / p1
  • A. 人間と病気と医学 / p1
  • B. 医学の起源 / p2
  • C. 古代(ギリシア・ローマ)の医学 / p4
  • D. 中世の医学 / p5
  • E. 近世の医学 / p5
  • F. 20世紀の医学 / p10
  • G. リハビリテーション医学の展開 / p14
  • H. 医学と他の科学との関係 / p14
  • 第2章 健康・病気・医学の体系 / p18
  • A. 健康 / p18
  • B. 健康に対する個人と社会の責任 / p19
  • C. 病気の理解と分類 / p19
  • D. 病気と心のはたらき / p22
  • E. 医学の体系 / p23
  • 第3章 病気の原因は何か-病因論 / p26
  • A. 病気にみる病変と症状 / p26
  • B. 病理学の分類と内容 / p27
  • C. 病気の原因 / p28
  • D. 病気の内因 / p29
  • E. 病気の外因 / p33
  • F. 原因の明らかでない病気 / p37
  • G. 病気に対する身体の抵抗 / p38
  • 第4章 病気は身体にどんな変化をおこすか-病理学 / p41
  • A. 病変の分類 / p41
  • B. 血行障害による病変 / p41
  • C. 進行性の病変 / p47
  • D. 退行性の病変 / p48
  • E. 炎症 / p49
  • F. 腫瘍 / p58
  • G. 白血病 / p70
  • H. 奇形 / p70
  • I. 病気と生体反応 / p73
  • 第5章 病気はどのようにして診断されるか-診断学 / p77
  • A. 診断学の歴史 / p77
  • B. 診断の方法 / p78
  • C. 診察から診断へ / p78
  • 第6章 病気はどう治療され,患者は社会に復帰するか-治療学とリハビリテーション / p86
  • A. 病気をなおすもの / p86
  • B. 治療法の型 / p87
  • C. 現代の治療法 / p89
  • D. 安静と食窮と看護(治療の基調) / p94
  • E. リハビリテーション医学 / p95
  • 第7章 病気はどのようにして予防されるか-近代医学の特色 / p100
  • A. 病気の予防の原則 / p100
  • B. 予防医学と衛生学 / p102
  • C. 定期的健康診断 / p107
  • 第8章 個人の健康はどうして保持されるか-人間ドックの意義と内容 / p108
  • A. 病気の自覚 / p108
  • B. 人間ドックの歴史 / p109
  • C. 人間ドックで発見される病気 / p110
  • D. 人間ドックにおける健康の評価と生活指導 / p112
  • E. 人間ドックの医学への貢献 / p113
  • 第9章 衛生教育と衛生統計 / p115
  • A. 衛生教育 / p115
  • B. 衛生統計 / p115
  • C. 衛生政策と公衆衛生の組織 / p121
  • D. 医療関係者と施設 / p123
  • さくいん / 巻末1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 医学概論
著作者等 日野原 重明
書名ヨミ イガク ガイロン
書名別名 Igaku gairon
シリーズ名 系統看護学講座 ; 1
出版元 医学書院
刊行年月 1968
版表示 第5版
ページ数 126p 図版
大きさ 22cm
ISBN 978-4-260-33260-6
NCID BA61713238
BN02627292
BN09405222
BN12242691
BN15973591
BA68135606
BN0094009X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68000258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想