目で見てわかる日銀の大常識

持田直人, 眞板恵夫 著

「いつ」から「どんな人たち」が「どんな役割」をもち、「どのように」「何をしているのか」を中心に金融知識を持たない方でも、日銀が「見えてくる」ような解説書をめざしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 沿革・概要-超々優良企業日銀の基礎知識(インフレ退治で誕生した日銀
  • スタートは普通の株式会社だった ほか)
  • 第2章 組織・人事-"お札の番人"を支える組織と人事(日銀の組織は10局5室1研究所
  • 日銀の不正防止システムは3つ ほか)
  • 第3章 経営-金融界の総本山・日銀の経営の仕組み(日銀は政府のお金を管理する"金庫番"
  • 日銀は国債の総合デパート ほか)
  • 第4章 役割-物価と金融システムの安定をめざす(国債や手形の売買などで行われる日銀の金融調整
  • 資金量の増減で調節する「物価の安定」 ほか)
  • 第5章 実例-歴史に見る日銀が果たした役割(戦前から行われていた最後の金融機関救済策
  • 初の証券会社救済となった「山一特融」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 目で見てわかる日銀の大常識
著作者等 持田 直人
眞板 恵夫
真板 恵夫
書名ヨミ メ デ ミテ ワカル ニチギン ノ ダイジョウシキ
シリーズ名 今日からモノ知りシリーズ
B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2003.3
ページ数 157p
大きさ 21cm
ISBN 4526050768
NCID BA6170043X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20392053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想