美と芸術のフェイズ

利光功 著

プラトンから近代の自然美の発見を経て、カント、シラーらの美学を紹介。芸術概念の変遷を中心に、自己表出、解釈、批評などを論じ、機械技術と造形芸術の切り結びからアートの終着点に至る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 美(美について
  • 美的範疇としてのピクチャレスク
  • カントの趣味判断について ほか)
  • 第2部 芸術(芸術文化試論-ポピュラー・アートをめぐって
  • 芸術における自己表出
  • 作品解釈と作者の意図 ほか)
  • 第3部 現代芸術(造形芸術と機械技術
  • 超現実主義のテクストとイマージュ
  • コンセプチュアル・アートについて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美と芸術のフェイズ
著作者等 利光 功
書名ヨミ ビ ト ゲイジュツ ノ フェイズ : プラトン カラ コンセプチュアル アート マデ
書名別名 プラトンからコンセプチュアル・アートまで
出版元 勁草書房
刊行年月 2003.3
ページ数 304, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4326800488
NCID BA61667902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20393630
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想