戦後日本の宗教と政治

中野毅 著

本書は、第二次大戦後の日本における「国家と宗教」「政治と宗教」の関係と動態というマクロな課題を、宗教学および宗教社会学による研究方法とパースペクティブから再検討したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目的・対象・方法
  • 第1部 占領宗教改革と日本国家の宗教性(アメリカ合衆国の対日宗教政策
  • 対日政策における「信教の自由」
  • 占領改革と宗教的世界の変容)
  • 第2部 戦後の民衆宗教運動と政治参加(戦後日本における新宗教の政治活動
  • 宗教団体による政治参加-創価学会・公明党を事例として)
  • 総括と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の宗教と政治
著作者等 中野 毅
書名ヨミ センゴ ニホン ノ シュウキョウ ト セイジ
書名別名 Sengo nihon no shukyo to seiji
出版元 大明堂
刊行年月 2003.3
ページ数 266p
大きさ 22cm
ISBN 4470200522
NCID BA61665099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20402698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想