社会福祉原論

古川孝順 著

社会福祉学は、人間と社会の根幹に関わる「生活支援」という一点において、関連する諸科学の知識と技術を一体化して適用する総合と複合の科学である。本書は、その社会福祉学の全体像を理論的・体系的に、しかも分かりやすく論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総合と複合の科学としての社会福祉学
  • 社会福祉研究の課題
  • 社会福祉の展開と理念
  • 社会福祉の基本的性格
  • 社会福祉のシステム構成と機能
  • 社会福祉の対象
  • 社会福祉の施策と制度
  • 社会福祉の運営(運営の原理と組織
  • 事業の実施と利用)
  • 社会福祉援助の提供
  • 社会福祉援助の展開
  • 社会福祉の情報・職員・財政
  • 社会福祉学の視点と方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会福祉原論
著作者等 古川 孝順
書名ヨミ シャカイ フクシ ゲンロン
出版元 誠信書房
刊行年月 2003.4
ページ数 416p
大きさ 22cm
ISBN 4414601339
NCID BA61660710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20385236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想