映画は救えるか : 岩崎昶遺稿集

岩崎昶 著 ; 岩崎昶遺稿集刊行委員会 編

『真空地帯』『ここに泉あり』等の製作者にして日本映画批評の草分け、気骨と情熱の映画人=岩崎昶が戦中・戦後の体験を通して綴る日本映画再生への痛切な遺書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本映画の歴史(日本映画史
  • 統制・抵抗・逃避-戦時の日本映画 ほか)
  • 2 日本映画の流れ(傾向映画ものがたり
  • 戦争映画ものがたり ほか)
  • 3 戦後の社会と日本映画(映画街道の刺客
  • 特高-もう一つの顔 ほか)
  • 4 映画は救えるか(映画は救えるか?
  • 今こそ傑作を精錬するルツボが欲しい ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画は救えるか : 岩崎昶遺稿集
著作者等 岩崎 昶
岩崎昶遺稿集刊行委員会
書名ヨミ エイガ ワ スクエルカ : イワサキ アキラ イコウシュウ
出版元 作品社
刊行年月 2003.3
ページ数 300p
大きさ 20cm
ISBN 4878935510
NCID BA61650659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20389880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想