解剖学者

フェデリコ・アンダーシ 著 ; 平田渡 訳

時は十六世紀、西欧では「発見」が合言葉だった。かのクリストファー・コロンブスと姓を同じくするひとりの解剖学者が人体にまつわる発見をした。女の両脚のあいだに屹立するささやかな器官…。解剖学者はその突起物を「ウェヌスの愛またはよろこび」と名づけた。あらゆる女が、そして男が、この小さな器官がもたらすものに耽溺し、支配され、慄然となった。異端審問にかけられた解剖学者の愕くべき弁明とは-。近代科学の萌芽と人間精神の飛翔を、これ以上ないほど挑発的、悲劇的に描ききった、衝撃のデビュー作。93年フェルタバット財団新人文学賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解剖学者
著作者等 Andahazi, Federico
平田 渡
アンダーシ フェデリコ
書名ヨミ カイボウ ガクシャ
書名別名 El anatomista

Kaibo gakusha
出版元 角川書店
刊行年月 2003.3
ページ数 265p
大きさ 19cm
ISBN 4048972065
NCID BA61650036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20385765
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想