日本の医療に未来はあるか : 間違いだらけの医療制度改革

鈴木厚 著

医療事故が相次ぎ、日本の医療の評判はがた落ちである。平成一五年四月からサラリーマンの本人負担率の引上げや老人医療費の値上げ等が実施され、批判はさらに高まっている。なぜ、日本の医療はよくならないのか?それは医療への批判が的外れに終始しているからである。本書は、現場の医師が目の当たりにした日本の医療制度の病巣をえぐりだすことによって、これからの医療の方向性を見極め、行政は、また医師や患者は何をすべきかを問う問題作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の医療費
  • 2 病院経営
  • 3 日本の社会保障
  • 4 医療周辺産業
  • 5 医療現場の憂鬱
  • 6 医師の不安神経症
  • 7 日本の保険制度
  • 8 日本の医療の推移と現状
  • 9 医療事故から考えること
  • 10 日本の医療はどこへ向かうのか
  • 11 医療の未来を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の医療に未来はあるか : 間違いだらけの医療制度改革
著作者等 鈴木 厚
書名ヨミ ニホン ノ イリョウ ニ ミライ ワ アルカ : マチガイダラケ ノ イリョウ セイド カイカク
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.4
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4480061088
NCID BA61642923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20398418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想