ものと人の社会学

原田隆司, 寺岡伸悟 著

見たり聞いたり感じたり…五感を通じて人はものに働きかけ、世界は形づくられる。時計、ガラス、スピーカー、ポットなど、身近なものたちを素材にして考える、日常経験の社会学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 スナップショットの方法
  • 第1章 身体に巻きつく時間
  • 第2章 透明な部屋
  • 第3章 耳に届くもの
  • 第4章 「押す」という従属
  • 終章 ものと人間への視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ものと人の社会学
著作者等 原田 隆司
寺岡 伸悟
書名ヨミ モノ ト ヒト ノ シャカイガク
書名別名 Mono to hito no shakaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2003.3
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 4790709817
NCID BA61639612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20400036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想