海藻の食文化

今田節子 著

健康食として注目されている海藻。日本では古くから薬効をもつ食べ物として、今よりも多種類の海藻が利用されていた。海藻の食文化を見直すことで、新しい利用法も見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 海藻とは何か-海藻の食文化を理解するために
  • 第2章 食用海藻の種類と移り変わり
  • 第3章 伝統的な海藻の食文化
  • 第4章 コンブ、ワカメ、ヒジキ、モズク-褐藻類の歴史と伝統料理
  • 第5章 ノリ、テングサ、イギス、エゴノリ-紅藻類の歴史と伝統料理
  • 第6章 アオノリ、アオサ-緑藻類の歴史と伝統料理
  • 第7章 カワノリ、スイゼンジノリ-淡水産の藻の利用・歴史・伝統料理
  • 第8章 海藻は健康にいい-その効用と栄養

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海藻の食文化
著作者等 今田 節子
日本水産学会
書名ヨミ カイソウ ノ ショクブンカ
シリーズ名 ベルソーブックス / 日本水産学会 監修 14
出版元 成山堂書店
刊行年月 2003.3
ページ数 188p
大きさ 19cm
ISBN 4425851315
NCID BA61636432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20399104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想