日本仏教の射程 : 思想史的アプローチ

池見澄隆, 斎藤英喜 編著

仏教にかかわる思想・文化、政治・経済、人的交流についての時系列的接近と、東アジアの文化地理的条件からのアプローチを交差させ、日本の社会に定着した仏教の変遷を精魂こめて究明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 日本仏教のパースペクティブ-面(スペース)を軸として
  • 古代(神仏習合のはじまり
  • 特論 「神仏習合のはじまり」の隣で-『唐大和上東征伝』から浮かび上がる問題 ほか)
  • 中世(中世寺院の転換と鎌倉仏教の成立
  • 鎌倉仏教の土着性と国際性 ほか)
  • 近世(仏教思想が近世に生み出したもの-煩悩即菩提論と王権仏授説
  • 古への問いと心の思想 ほか)
  • 近代(近代日本の思想史と「宗教」「仏教」「信仰」
  • 特論 近代日本の仏教とその諸相 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本仏教の射程 : 思想史的アプローチ
著作者等 斎藤 英喜
池見 澄隆
書名ヨミ ニホン ブッキョウ ノ シャテイ : シソウシテキ アプローチ
書名別名 Nihon bukkyo no shatei
出版元 人文書院
刊行年月 2003.3
ページ数 289p
大きさ 21cm
ISBN 4409410733
NCID BA61636319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20430834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想