DNA鑑定のはなし : 犯罪捜査から親子鑑定まで

福島弘文 著

本書は、民事的・刑事的な話題を中心に取り上げ、科学的・専門的基礎知識は「ノート」として説明を加えました。すでに報道された内容や体験談、論文として掲載された情報などについて解説しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 「DNA鑑定」についての予備知識(新技術による犯人さがし
  • 「DNA鑑定」で無実判明続々と ほか)
  • 2章 血縁関係を明らかにする「DNA鑑定」例(現在の「親子鑑定」の主役は血液型ではない
  • ビジネス化した「親子鑑定」 ほか)
  • 3章 刑事事件と「DNA鑑定」例(バラバラ死体殺人事件
  • 焼死事件-高温で焼かれた人の死因と身元の確認は ほか)
  • 4章 「DNA鑑定」と国内外の事件(足利事件
  • 飯塚事件 ほか)
  • 5章 今後のDNA鑑定の展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DNA鑑定のはなし : 犯罪捜査から親子鑑定まで
著作者等 福島 弘文
書名ヨミ DNA カンテイ ノ ハナシ : ハンザイ ソウサ カラ オヤコ カンテイ マデ
シリーズ名 ポピュラー・サイエンス / 遺伝学普及会編集委員会 編
出版元 裳華房
刊行年月 2003.3
ページ数 129p
大きさ 19cm
ISBN 4785387556
NCID BA61609746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20389645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想