アナログCMOS集積回路の設計  基礎編

Behzad Razavi 著 ; 黒田忠広 監訳

いまアナログが面白い。システムLSIの時代になり、アナログ回路を自ら設計して集積しなければならなくなり、またアナログがチップの性能を左右するケースも増えている。しかしアナログは難しい。技術の習得に時間と努力を要する。本書は、アナログCMOS集積回路の設計をこれから学ぼうとする、大学生やメーカの若い技術者のために書かれ、世界中で好評を得た教科書である。豊富な回路の実例を用い、読者を導くように教えている。140の例題と400以上の練習問題を使って、経験を補うことができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 MOSデバイスの物理の基礎
  • 第3章 1段増幅回路
  • 第4章 差動増幅回路
  • 第5章 バイアス用および信号処理用カレントミラー
  • 第6章 増幅回路の周波数特性
  • 第7章 雑音

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アナログCMOS集積回路の設計
著作者等 Razavi, Behzad
黒田 忠広
Razaui Behzad
書名ヨミ アナログ CMOS シュウセキ カイロ ノ セッケイ
書名別名 Design of analog CMOS integrated circuits

Anarogu CMOS shuseki kairo no sekkei
巻冊次 基礎編
出版元 丸善
刊行年月 2003.3
ページ数 296, 20p
大きさ 21cm
ISBN 462107220X
NCID BA61598887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20390394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想