古代・中世の女性と仏教

勝浦令子 著

女性と仏教とは、仏教が女性をどう扱ってきたかということだけでなく、女性たちが仏教をどのようにとらえ、受け入れていたのか、そして女性たちの宗教活動が、日本人の信心・信仰の歴史にいかなる影響を与えていたのかを考えるものです。僧と尼の役割、僧寺と尼寺の関係、男性と女性それぞれの信心など、ジェンダーの視点をふまえて古代中世の日本人の信心・信仰の変遷をたどります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「女性と仏教」という視点
  • 1 古代の女性と仏教(仏教の伝来と東アジアの尼たち
  • 善信尼らの誕生
  • 古代の僧寺と尼寺 ほか)
  • 2 女性の信心・男性の信心(行基集団と女性
  • 平安期女性の仏道修行と家事
  • 出家女性の生活 ほか)
  • 3 中世の女性と仏教(尼寺の復興
  • 中世の尼と坊守たち
  • 尼五山と中世後期の尼寺 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代・中世の女性と仏教
著作者等 勝浦 令子
書名ヨミ コダイ チュウセイ ノ ジョセイ ト ブッキョウ
書名別名 Kodai chusei no josei to bukkyo
シリーズ名 日本史リブレット 16
出版元 山川出版社
刊行年月 2003.3
ページ数 93p
大きさ 21cm
ISBN 4634541602
NCID BA61588114
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20393745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想