化学情報学 : 化学反応の系図と反応予測

佐藤寛子 著

「実験化学、理論化学、情報学を組合せ融合させることで化学反応を体系化し系統的に説明できる地図を作ろう」という著者の描く夢を表す「化学反応の系図」。本書により、化学研究における情報とコンピュータの新しい活用のかたちがはっきり見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 化学反応と化学情報学
  • 化学情報とコンピュータシステム
  • 化学反応の予測(さまざまなシステムのかたち
  • 定量的な予測のための取組み)
  • 化学反応生成物の分子構造予測
  • 将来への展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化学情報学 : 化学反応の系図と反応予測
著作者等 佐藤 寛子
国立情報学研究所
書名ヨミ カガク ジョウホウガク : カガク ハンノウ ノ ケイズ ト ハンノウ ヨソク
書名別名 Kagaku johogaku
シリーズ名 情報学シリーズ / 国立情報学研究所 監修 7
出版元 丸善
刊行年月 2003.3
ページ数 193p
大きさ 21cm
ISBN 4621071971
NCID BA61584372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20389704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想