ドストエフスキイ・言葉の生命

井桁貞義 著

時代が危機的様相を呈するたびにより深く広く読みこまれてきたドストエフスキイの作品世界を、本国ロシアでもヨーロッパでも高く評価される日本のドストエフスキイ研究者が、聖書の世界から今日の日本社会まで広範に切り結びながら対話を繰り広げる、新しい視点にみちあふれた刺激的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 聖書と語らう(イメージとシンボルから読む『罪と罰』
  • 聖書劇としての『白痴』 ほか)
  • 第2部 ロシアと語らう(大地‐聖母‐ソフィア
  • ドストエフスキイとピョートル大帝 ほか)
  • 第3部 ヨーロッパと語らう(ドストエフスキイとシラー-問題設定のために
  • ドストエフスキイとナポレオン-十九世紀ロシア思潮のなかで ほか)
  • 第4部 ドストエフスキイと語らう(ロシア・シンボリストにおけるドストエフスキイ像
  • ポリフォニイ小説論の成立-イワーノフ‐プンピャンスキイ‐バフチン ほか)
  • 第5部 アジアでの語らい(『レ・ミゼラブル』『罪と罰』『破戒』
  • 『罪と罰』と二十世紀後半の日本-表現ジャンルを越えるメタ言語学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドストエフスキイ・言葉の生命
著作者等 井桁 貞義
書名ヨミ ドストエフスキイ コトバ ノ セイメイ
出版元 群像社
刊行年月 2003.3
ページ数 507p
大きさ 20cm
ISBN 4905821800
NCID BA61566803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20471183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想