記号と意味

加藤茂 著

コンピュータの登場に伴って生じた記号をめぐる状況の著しい変貌を踏まえ、記号問題を変化しない本質面と変化する現象面との緊張のうちに捉える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 記号と言語(記号はトロッコである
  • 言語の諸機能)
  • 第1章 言葉の哲学(言葉の三つの地平と存在の母胎
  • 書記素の反復可能性-意味=差延説 ほか)
  • 第2章 言葉と意味-仏教の言語論と現代記号学(仏教の言語論
  • 仏教とデリダのグラマトロジー)
  • 第3章 シミュラークルと記号-ポストモダニズムの焦点(「表象」図式とシミュラークル-ドゥルーズ
  • ハイパーリアルとしてのシミュラークル-ボードリヤール ほか)
  • 第4章 記号の多義性-コノテーション(記号の所記と「意味」
  • デノテーションとコノテーション ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記号と意味
著作者等 加藤 茂
書名ヨミ キゴウ ト イミ
出版元 勁草書房
刊行年月 2003.3
ページ数 239, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4326153709
NCID BA61566202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20389340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想