岸信介政権と高度成長

中村隆英, 宮崎正康 編

安保改定、労働争議等の「対立の時代」のなかで岸内閣を中心に行われたさまざまな発展への基礎固めを経済政策、政治、外交の3つの側面から多面的に分析。岸内閣関係者のヒアリングも収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高度経済成長の枠組み形成
  • 第1部 経済政策(1950年代の産業政策
  • 戦後兵器産業の再建過程
  • 地域開発政策と格差是正-1950年代における九州地方の開発構想 ほか)
  • 第2部 政治(岸信介と自民党政治-「保守本流」と「傍流」の間で
  • 日本社会党「構造改革論」と疑似「現実主義」
  • 岸内閣とジャーナリスト)
  • 第3部 外交(岸内閣の外交
  • 高度成長とアメリカの対日政策(1955〜1960年)-日本の防衛力増強問題を中心に
  • 戦後日本の東南アジア政策(1955〜1958年) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岸信介政権と高度成長
著作者等 中村 隆英
宮崎 正康
書名ヨミ キシ シンスケ セイケン ト コウド セイチョウ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2003.4
ページ数 294p
大きさ 22cm
ISBN 4492370986
NCID BA61558441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20394585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想