近代バルカン都市社会史 : 多元主義空間における宗教とエスニシティ

佐原徹哉 著

[目次]

  • 序章 ナショナリズムと多元主義の和解、もしくは、共存のための政治文化にむけて
  • 第1章 近代バルカンの都市空間
  • 第2章 タンズィマートと都市社会
  • 第3章 オスマン主義とミッレト制度改革
  • 第4章 タンズィマート期の宗教対立
  • 第5章 多言語社会と「民族語」
  • 第6章 オスマン国家の文教政策と多元的統合の可能性
  • 第7章 オスマン主義とナショナリズムの和解可能性
  • 終章 オスマン的多元主義の意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代バルカン都市社会史 : 多元主義空間における宗教とエスニシティ
著作者等 佐原 徹哉
書名ヨミ キンダイ バルカン トシ シャカイシ : タゲン シュギ クウカン ニ オケル シュウキョウ ト エスニシティ
出版元 刀水書房
刊行年月 2003.2
ページ数 502p
大きさ 22cm
ISBN 4887083092
NCID BA61551883
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20386203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想