朝倉日本語講座  8

北原保雄 監修 ; 菊地康人 編

敬語は"難しい"面があることは確かだが、また、なかなか"おもしろい"言語現象でもあり、これまで、さまざまな観点から研究が行われてきた。そうした研究成果の中から、ごく一部だが、ふさわしい部分を取り出し、幅広く想定した読者に紹介するのが、本巻の趣旨である。方針としては、まず、章の立て方をできるだけ魅力的なものにするように心がけた。その上で、必要な基礎知識はもちろん、読者に興味をもっていただけそうな話題や、斬新な成果も盛り込み、かつ、今後の研究の方向性についても適宜触れるようにした。そして、これらの内容を、特に予備知識を必要としないように述べることに意を払った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 敬語とその主な研究テーマの概観
  • 「待遇表現」の諸側面と、その広がり-狭くとらえた敬語、広くとらえた敬語
  • 「表現行為」の観点から見た敬語
  • テキスト・ディスコースを敬語から見る
  • 敬語の現在を読む
  • 敬語の社会差・地域差と対人コミュニケーションの言語問題
  • 敬語調査から何が引き出せて、何が引き出せないか
  • 文献資料から敬語の何が読みとれて、何が読みとれないか
  • 中古の共時態としての敬語、動態としての敬語
  • 謙譲語から見た敬語史、丁寧語から見た敬語史-「尊者定位」から「自己定位」へ
  • 敬語史と現代敬語-付 敬語研究小史
  • 外国人から見た敬語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝倉日本語講座
著作者等 北原 保雄
菊地 康人
書名ヨミ アサクラ ニホンゴ コウザ
巻冊次 8
出版元 朝倉書店
刊行年月 2003.3
ページ数 291p
大きさ 22cm
ISBN 4254515189
NCID BA61550927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20384929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想