ラテンアメリカ経済学 : ネオ・リベラリズムを超えて

石黒馨 編

ネオ・リベラリズムは何をもたらしたのか?1980年代以降のラテンアメリカ経済を分析し、市場原理主義を批判的に検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ネオ・リベラリズムを超えて
  • 第1部 ラテンアメリカの経済開発戦略(経済開発戦略の転換)
  • 第2部 ラテンアメリカのマクロ経済(経済成長とインフレーション
  • 国際収支と対外債務
  • 金融システムと通貨危機 ほか)
  • 第3部 ラテンアメリカのミクロ経済(一次産品問題と大土地所有制
  • 産業構造と工業化
  • 公企業と民営化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラテンアメリカ経済学 : ネオ・リベラリズムを超えて
著作者等 石黒 馨
書名ヨミ ラテン アメリカ ケイザイガク : ネオ リベラリズム オ コエテ
書名別名 Raten amerika keizaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2003.4
ページ数 280p
大きさ 19cm
ISBN 4790709906
NCID BA61522080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20387410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想