間抜けの実在に関する文献

内田百間 著

ドイツ語教師内田先生は詰め込み主義。自分の事は棚に上げ、「詰め込め、詰め込め、詰め込まざれば中は空っぽである。うんうん、うなされる程詰め込め」。そして忘れてしまうのは「構わない」(「忘却論」)。教室でのあれこれ、弟子、恩師や友人。法政大学騒動で離れてしまった森田草平との長年の交友を記した「実説艸平記」など、ほろ苦く懐しい一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 間抜けの実在に関する文献
  • 百鬼園師弟録
  • 学校騒動記
  • 学校騒動余殃
  • 解夏宵行
  • 三校協議会
  • 漱石遺毛
  • 虎の尾
  • 漱石先生臨終記
  • 湖南の扇〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 間抜けの実在に関する文献
著作者等 内田 百間
内田 百〓
書名ヨミ マヌケ ノ ジツザイ ニ カンスル ブンケン
書名別名 Manuke no jitsuzai ni kansuru bunken
シリーズ名 内田百間集成 / 内田百間 著 6
ちくま文庫 6
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.3
ページ数 437p
大きさ 15cm
ISBN 4480037667
NCID BA61518720
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20389668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想