現代物理学の扉を開いた人たち

竹内 均【著】

本書は、著者が感銘をうけた現代物理学の担い手たちを中心に再構成したものである。読みやすさを考慮し、以下のように章を立て、二二人を収めた。第一章では、原子量をはじめて測定したベルセーリウスをはじめとして、原子模型に関する人物などを中心に掲載している。第二章には、ボーア、チャドウィック、プランクら、主として、量子力学や波動力学に関する物理学者を載せている。第三章では、レントゲンやキュリーなど放射線と核分裂に関係の深い物理学者を入れている。第四章は、日本の物理学者たちに焦点をあてた。山川健次郎、長岡半太郎、湯川秀樹である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 原子のしくみ(原子量を精密に測定する-ヤコブ・ベルセーリウス(一七七九〜一八四八)
  • 周期律の父とよばれる-ドミトリ・メンデレーエフ(一八三四〜一九〇七) ほか)
  • 第2章 粒と波(原子物理学の父とよばれる-ニールス・ボーア(一八八五〜一九六二)
  • 原子核の中に中性子を発見する-ジェームズ・チャドウィック(一八九一〜一九七四) ほか)
  • 第3章 放射線と核分裂(X線を発見し、最初のノーベル賞を受ける-ウィルヘルム・レントゲン(一八四五〜一九二三)
  • ポロニウムとラジウムを発見し、二度のノーベル賞にかがやく-マリ・キュリー(一八六七〜一九三四) ほか)
  • 第4章 日本の物理学者たち(日本の物理学の創始者とよばれる-山川健次郎(一八五四〜一九三一)
  • 土星型原子模型を提唱する-長岡半太郎(一八六五〜一九五〇) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代物理学の扉を開いた人たち
著作者等 竹内 均
書名ヨミ ゲンダイ ブツリガク ノ トビラ オ ヒライタ ヒトタチ : ラザフォード ボーア キュリー ユカワ ヒデキ
書名別名 ラザフォード/ボーア/キュリー/湯川秀樹

Gendai butsurigaku no tobira o hiraita hitotachi
シリーズ名 竹内均・知と感銘の世界 / 竹内均 編
出版元 ニュートンプレス
刊行年月 2003.3
ページ数 349p
大きさ 19cm
ISBN 4315516791
NCID BA61513578
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20380843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想