日本語修飾構造の語用論的研究

加藤重広 著

本書は、日本語の修飾構造について、語用論的な観点からの分析を加えることで、より精緻な記述と考察を行うことを目指すものである。全体は四部構成になっており、第1部では、連体修飾と連用修飾などの個別の問題を論じる前に予備的に確認しておくべき問題を扱い、第2部では連体修飾を、第3部では連用修飾を扱う。第4部は、連用修飾と連体修飾の機能差や意味の違いの問題、また、修飾に関わる要素をより忠実に記述するための品詞体系のあり方についても考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 修飾をめぐる問題
  • 第2章 形容動詞か名詞か
  • 第3章 日本語における関係節構造の成立要件
  • 第4章 連用修飾の分類と機能
  • 第5章 ゼロ助詞の機能
  • 第6章 名詞句と連用成分
  • 第7章 連体数量詞と遊離数量詞
  • 第8章 修飾機能と実詞の体系
  • 第9章 論考を考えるにあたって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語修飾構造の語用論的研究
著作者等 加藤 重広
書名ヨミ ニホンゴ シュウショク コウゾウ ノ ゴヨウロンテキ ケンキュウ
シリーズ名 ひつじ研究叢書 言語編 第29巻
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2003.2
ページ数 556p
大きさ 22cm
ISBN 4894761815
NCID BA61500907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20388823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想