宇宙を支配する暗黒のエネルギー

千葉剛 著

宇宙論は、観測技術の飛躍的な進歩により精密に進化してきている。そして最近、驚くべき事実がわかってきた。宇宙の膨張はスピードを緩めるのではなく、ますます速くなっていたのだ!この源は何だろうか。アインシュタインが生きていれば驚く。あろうことに、彼が生前、宇宙の法則をあらわした式に導入し、後に捨て去った宇宙項が、宇宙を加速するエネルギーの候補になっているというのだ。このエネルギーは、正体不明の意味で、ダークエネルギーともいう。宇宙項の復活によって、宇宙や生命の今後のシナリオは、大きく変わる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宇宙のダークエネルギー-宇宙のエネルギー問題(黒体輻射
  • 赤方偏移)
  • 第2章 よみがえるアインシュタインの宇宙項(一般座標変換共変性とテンソル)
  • 第3章 人間原理と宇宙論
  • 第4章 宇宙の未来と生命の未来
  • 終章 二〇世紀の暗雲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙を支配する暗黒のエネルギー
著作者等 千葉 剛
書名ヨミ ウチュウ オ シハイスル アンコク ノ エネルギー
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 91
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.3
ページ数 99p
大きさ 19cm
ISBN 4000065912
NCID BA61500689
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20390947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想