ロバート・オウエン

土方直史 著

「ユートピア社会主義」は、新しいオウエン像とともに現代に蘇る。高邁な理想は、功利主義の手法によって、どのようにして「公正なガヴァナンス」、民主的な企業倫理へと翻訳されたのか。参加と協同を目指すオルタナティヴな社会構築への思想を見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 産業革命の子
  • 第2章 ニューラナークの「統治」と「性格形成学院」
  • 第3章 『新社会観』の思想
  • 第4章 コミュニティ論の形成
  • 第5章 ニューハーモニーの実験とその挫折
  • 第6章 オウエニズムの再編と浸透
  • 第7章 「新道徳世界」への途
  • 第8章 クイーンウッド・コミュニティとオウエナイト運動の衰退

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロバート・オウエン
著作者等 土方 直史
書名ヨミ ロバート オウエン
書名別名 Robert owen
シリーズ名 Critical biography of British intellectuals 9
イギリス思想叢書 9
出版元 研究社
刊行年月 2003.3
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4327352195
NCID BA61498805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20536565
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想