日本の長期金融

福田慎一 編著

日本の金融システムの問題点があらわになる中で長期資金は今後どうあるべきか。高度成長後のその役割の変容を踏まえミクロ/マクロ・データを駆使して実証的に分析・考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 長期資金と経済成長:理論的整理とマクロ・データによる概観(長期資金が経済成長に果たす役割
  • 長期資金のマクロ的動向)
  • 第2部 長期資金の決定メカニズムとその影響:企業サイドから見た分析(長期資金の決定メカニズム:1970年以降の日本企業の実証分析
  • 社債発行の選択メカニズム
  • 長期資金と設備投資:日本の企業別データを用いた実証分析)
  • 第3部 銀行貸出と長期資金:キャピタル・クランチからの視点(1990年代における銀行の貸出期間の選択:株価が銀行貸出に与えた影響
  • 自己資本比率規制と銀行貸出)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の長期金融
著作者等 福田 慎一
書名ヨミ ニホン ノ チョウキ キンユウ
出版元 有斐閣
刊行年月 2003.3
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 4641161712
NCID BA61491340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20394578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想