日本語の誕生 : 古代の文字と表記

沖森卓也 著

文字を持たなかった日本人は、漢字を借りて自らの言葉を表記すべく試行錯誤・悪戦苦闘した。木簡や鉄剣銘文、『万葉集』等を読み解き、漢字伝来から万葉仮名を経て平仮名・片仮名の成立まで、日本語表記の変遷を再現。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本語の原風景(日本への漢字伝来
  • 音仮名による音節表記)
  • 黎明期の和文(和文の成立
  • 音訓の交用)
  • 日本語表記の展開(七世紀後半における散文の和文表記
  • 歌の文字化
  • 万葉仮名文から仮名文へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語の誕生 : 古代の文字と表記
著作者等 沖森 卓也
書名ヨミ ニホンゴ ノ タンジョウ : コダイ ノ モンジ ト ヒョウキ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 151
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.4
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4642055517
NCID BA6146614X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20400473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想