宮本武蔵の読まれ方

櫻井良樹 著

剣豪・宮本武蔵を描いた吉川英治の戦前の小説は、戦後もなお大衆文学として愛読されてきた。人びとはその生きかたに何を求め続けてきたのか?小説『宮本武蔵』の魅力に迫り、そこに映し出される日本文化を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『宮本武蔵』の誕生
  • 戦前・戦争直後の『宮本武蔵』
  • 書き換えられた『宮本武蔵』
  • 日本文化論としての『宮本武蔵』
  • 現代の大学生が読んだ『宮本武蔵』
  • 宮本武蔵の復活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本武蔵の読まれ方
著作者等 桜井 良樹
書名ヨミ ミヤモト ムサシ ノ ヨマレカタ
書名別名 Miyamoto musashi no yomarekata
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 152
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.4
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4642055525
NCID BA61466048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20400476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想