古代ローマとキリスト教

J.M.ロバーツ 著 ; 本村凌二 日本語版監修 ; 東眞理子 訳

イタリア半島に暮らす弱小民族、古代ローマ人は、なぜわずか200年のあいだに空前絶後の巨大帝国を築くことができたのか。不世出の英雄カエサルのあとをついだアウグストゥスが、初代皇帝となるにあたって行なった未曾有の「政治的トリック」とは?キリスト教の誕生と拡大の歴史と共に記述する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ローマ人の登場(建国神話
  • 王政から共和政へ ほか)
  • 第2章 ローマ帝国の偉業(アウグストゥス(オクタウィアヌス)の時代
  • 「五賢帝の時代」 ほか)
  • 第3章 キリスト教の成立(ユダヤ教の中から誕生したキリスト教
  • イエスの誕生 ほか)
  • 第4章 古典世界の衰退(「危機」の時代
  • ペルシアの脅威 ほか)
  • 第5章 未来の足音(フランク族の台頭
  • ゲルマン人がおよぼした影響 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代ローマとキリスト教
著作者等 Roberts, J. M.
Roberts, John Morris
本村 凌二
東 眞理子
Roberts J.M.
東 真理子
ロバーツ J.M.
書名ヨミ コダイ ローマ ト キリストキョウ
書名別名 Rome and the classical West

Kodai roma to kirisutokyo
シリーズ名 The illustrated history of the world 3
図説世界の歴史 3
出版元 創元社
刊行年月 2003.3
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 442220243X
NCID BA61457841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20443390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想