半導体デバイス : 動作原理と応用

冨澤一隆, 山口憲 著

本書は情報系学科のセメスター制の授業の中で、学生達に半導体デバイス工学についての必要不可欠の知識を提供することを試みたものである。本書の特徴としては、半導体デバイス工学に関する解説をするにあたって、半導体物理に関わることについては、必要最小限のことを、できるだけていねいに解説しようと試みたことである。さらに集積回路にはあまり関係のない、サイリスタ、パワーデバイス、特殊な高周波デバイスおよび光デバイスに関しては、これらの解説を思いきって割愛することにしたことである。一方、情報系の学生達のためにつけ加えたものとしては、集積回路の中でのデバイスの使われ方、その動作を考えるためのデバイスの回路モデル、そして半導体デバイスの設計に使われているデバイスシミュレーションの手法について解説しておいた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 半導体物理の基礎
  • 2 半導体中のキャリアの運動
  • 3 半導体接合
  • 4 バイポーラトランジスタ
  • 5 異種材料間の接触
  • 6 MOS形電界効果トランジスタ
  • 7 ディジタル集積回路
  • 8 アナログ集積回路
  • 9 半導体デバイスのシミュレーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 半導体デバイス : 動作原理と応用
著作者等 富沢 一隆
富沢 一隆
山口 憲
冨沢 一隆
書名ヨミ ハンドウタイ デバイス : ドウサ ゲンリ ト オウヨウ
書名別名 Handotai debaisu
シリーズ名 セメスター大学講義 / 川邊潮, 木村英俊, 多田隈進 編
出版元 丸善
刊行年月 2003.3
ページ数 209p
大きさ 21cm
ISBN 4621071866
NCID BA61455733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20390347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想