テレビの21世紀

岡村黎明 著

一九五三年に始まった日本のテレビ放送は、五〇周年の節目に地上波デジタル化元年が重なった。二〇一一年にはアナログ放送が終わり、今のテレビでは映らなくなるという。では、そのデジタル化とは何か。技術の進歩は豊かなテレビ文化を生むのだろうか。諸外国とくらべて際立つ日本の放送政策や業界の歪みを明らかにし、放送の未来を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 激動する世界とテレビ
  • 第1部 転機(デジタル時代の到来
  • ビジネスとしてのテレビ ほか)
  • 第2部 混迷(混乱する日本の放送業界と経営
  • 多メディア・多チャンネルのジャングル)
  • 第3部 針路(テレビ・ジャーナリズムの方向
  • 誰が番組をつくるのか ほか)
  • 視聴者が主役の時代へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テレビの21世紀
著作者等 岡村 黎明
書名ヨミ テレビ ノ 21セイキ
書名別名 Terebi no 21seiki
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.3
ページ数 227, 9p
大きさ 18cm
ISBN 4004308305
NCID BA6144433X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20391685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想