パリの胃袋

ゾラ 著 ; 朝比奈弘治 訳

舞台は食の殿堂パリの中央市場。ガラスと鉄で作られたこの近代建築のなかは、活気あふれる喧騒に満ち、肉、魚、野菜、果物、チーズと、いたるところ食物の山、山、山。飽食と肥満が美徳のこの世界に、骨と皮ばかりにやせ細ったひとりの若者が入り込む。この男フロランは、一八五一年のルイ・ナポレオンのクーデターの折に無実の罪で南米ギアナに流され、苦しみぬいた末に脱走を果たして、ひそかにパリに戻ってきたのだった。市場で働く人々は、この哀れな男を初めは暖かく迎えるが、やがてうさんくさい異分子の匂いを嗅ぎつけ、彼の行動を監視して隙あらば追い出そうとする。正義と友愛を夢見ているフロランは、安楽な生活を守ろうとする彼らのひそかな敵意に苦しみ、ついには政治的陰謀に加担して第二帝政そのものの転覆をくわだてるのだが、さて、その結末は…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリの胃袋
著作者等 Zola, Emile Edouard Charles Antoine
Zola, Émile
朝比奈 弘治
Zola 'Emile
ゾラ エミール
書名ヨミ パリ ノ イブクロ
書名別名 Le ventre de Paris
シリーズ名 ゾラ・セレクション / ゾラ 著 ; 宮下志朗, 小倉孝誠 責任編集 第2巻
出版元 藤原書店
刊行年月 2003.3
ページ数 446p
大きさ 20cm
ISBN 4894343274
NCID BA61436058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20384813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想