西園寺公望 : 最後の元老

岩井忠熊 著

フランス留学で培われた広い国際的視野と自由主義をもって、軍閥支配に抵抗しながら、明治から昭和まで長期にわたって権力の中枢にいた政治家の評伝。時代が一つの方向に流されていく時、それに歯止めをかけられるバランス感覚をもった稀有の政治家として、また和漢洋の学問や詩文に造詣が深い文化人としても興味ぶかい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 青年公卿の明治維新
  • 2 フランス留学
  • 3 新知識人として
  • 4 外交官としての経験
  • 5 政治家として登場
  • 6 立憲政友会総裁
  • 7 いわゆる「桂園時代」
  • 8 非藩閥元老の道
  • 9 国際主義と皇室至上主義
  • 10 戦争とファシズムに抗して
  • 11 逆風の晩年
  • おわりに-失敗に学ぶ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西園寺公望 : 最後の元老
著作者等 岩井 忠熊
書名ヨミ サイオンジ キンモチ : サイゴ ノ ゲンロウ
書名別名 Saionji kinmochi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.3
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4004308291
NCID BA61434697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20391697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想